生きがい

「生きがい」は探すものではない。普段の生活の中に「生きがい」を感じ取れるような生き方をしていくのだ、と教わりました。それは自分の感性を磨くことだそうです。

自分の「生きがい」探しではなく「人の役に立つこと探し」をする。それが結果的に自分の「生きがい」探しに繋がるとも教わりました。

生きがいとは自分の心が満たされることなら何でもいい。当たり前は「宝物」だ。机に座って気持ちがゆったりしているときが一番ありがたい。「そうだろう?」と、その人は言いました。